wish list

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2016年08月19日

憧れのカタチ~ヒマワリ編Ⅱ~

前回のブログで、皆様の婚約指輪のイメージに近い、
まさに憧れや特別に感じるカタチである、
ヒマワリの指輪のこだわりや魅力をクローズアップしてお話ししました。
今日はその続きです。

前回を読んでいない方は、まずはこちらをクリック!
【憧れのカタチ~ヒマワリ編Ⅰ~】


<その2:彼の愛を包み込む!>
ダイヤモンドを留めている丸い部分を「爪」と言います。
ヒマワリの場合、6本の爪が曲がることなく、
対角線上にきれいに留められています。
ヒマワリでは、ダイヤモンドの存在や輝きを邪魔しないよう、
爪を極力小さくしています。
だから、1石でも、大きく見えてよりダイヤモンドが引き立つんですね~

ん?でも小さくなるとダイヤはしっかり留ってるの?!

と思った方もいると思いますが、もちろん、
50年間耐えうる品質の基、その範囲で小さくして、
しっかりと彼の愛を包み込んでいます。

ダイヤモンドが引き立つと、
見ているだけで彼の愛をすぐ側で感じられますね~♡
また着けている彼女だけでなく、
嬉しそうに眺めている彼女の姿を側で見ながら、
いいものを贈れて良かったと彼も感じることができます。
まさに、ヒマワリの花言葉である、
「あたなだけを見つめる」ですね~♡


ヒマワリ 爪.jpg


<その3:職人さんの優しさ!>
ダイヤの輝きもですが、見た目も大事ですよね!
いくらダイヤの輝きがいいからといって、
リングの部分が太くてボテッと見えたら
イメージしていたあの憧れのカタチとはちょっと違っちゃいますし・・・
だからといって、
リングの部分を華奢にするとイメージには近いけど、
すぐ変形してしまったりしないかと品質が心配に・・・

ん~難しい(;一_一)

でも、安心して下さい。
その見た目と品質を兼ね備えたのが、
ヒマワリの指輪です!!

ヒマワリの指輪は、
一見ダイヤに向かって細くなっていっているように見えますが、
実は、目の錯覚なんです!

えっ、どういうこと!?

リングの太さを変えず、峰を作って細くみせているんです!
なので、品質を保ちつつ、見た目もスッキリ♪
しかも、峰があっても着け心地が悪くならないように
表面の着け心地も考慮されています。
職人さんの優しさを感じますね(/_;)
見栄えもいいだけでなく、品質や着け心地も考えられているので、
安心して着けられますね♪

なので、お出掛けするときには必ず着けて頂きたいです♡
彼とのデートの時はもちろんですが、、
お母さんとショッピングや女子会、友達の結婚式のお呼ばれなどなど・・・
実は、もらった彼女もですが、それと同時にその周りの人(家族や友達)も
着けているのを見て嬉しいんですよ。
結婚することや
大切にされているということが
みてすぐわかるからです。
ヒマワリのような〝THE エンゲージリング〟なら
なおさらです!


〝THE エンゲージリング〟だからこそ、
着ける人の気持ちを考えながら描いているデザイナーと、
ダイヤの輝きや着けた時のことを考えている熟練された職人の
こだわりがギュッと詰まっている指輪なんです!

憧れや特別感が、イメージだけでなく、
ずっと着けられるカタチになったのが、
まさにヒマワリだと思います。


是非、実際にその憧れのカタチを店頭で着けてみてくださいね~(*^_^*)


ご来店予約はこちらから♡

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。