wish list

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2016年10月04日

想いを刻む

突然ですが、
3cm×25cm(B5の縦のサイズです)の紙と
シャチハタを用意してください。

準備できましたか?


ここから皆さんに挑戦して頂きたいことがあります!!

帯状の紙の真ん中に真っすぐ、
20文字シャチハタを押してください。

真ん中に真っすぐ、20文字です。

では、早速、レッツチャレンジ!!


私もやってみました。
こんな感じ(^_^;)
ハンコ.jpg


皆さんはどうでしたか?
文字が重なったり、曲がったり、
間隔がバラバラだったり、
文字が薄くなったりと
意外と難しかったのではないでしょうか?

なぜ、今回これをやってもらったかというと・・・
実は皆さんに、刻印の打刻体験をしてもらっていたんです。

ちょっと想像してみてください。
実際やってもらった体験が指輪になると・・・

これが3cmではなく、3mm幅やそれよりも細くなります。
そして、真っすぐ平らだった紙が、
硬いプラチナの、内側が丸くなっている形状になります。

それをふまえて実際の刻印をご覧ください。
こちら
刻印 リング.jpg


細い中の中心に真っすぐ均等にきれいにビシッと入っています。
これ、人の手で1文字1文字手作業で打っている
なんて考えられないですよね(^^;)
私だったら途中でオェーってなっちゃいそうです笑

特にコラニーの指輪は、
通常のプラチナより1.5倍の硬さがあるので、
薄い文字がないよう、力も均等に打っていかないとならないということと、
更に内側が丸みを帯びているので、その頂点に、まっすぐ打たないとならないので、
通常の指輪より難易度が高くなります。
1文字でも曲がっていたり、文字間隔が均等でないものは
世に出すことができません。
熟練された職人さんの技が内側から輝きます。
まさに職人技です。


すぐ消えかかってしまう刻印ではなく、
おふたりがあのとき考えて決めた、
大切な記念日やメッセージやお名前が、
何年たっても消えることなく、
内側からも輝くように・・・

というコラニーの想いとこだわりが、
この打刻刻印にはぎゅっと詰まっています。


あなただったら、どんな想いを指輪の内側に刻みますか?

photo2.jpg

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。