wish list

ウィッシュリストの使い方

(1)気に入ったリングの商品詳細ページをご覧ください。

(2)詳細ページ内、仕様の下にある「WishListに追加」ボタンをクリックします。

(3)追加されたリングはこちらの下に表示されます。

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2019年01月12日

指輪の舞台裏のおはなし。

2019年になり、早くも1月も半ば。
新しい年を迎えると、気持ち新たにスタート!
という方も多いのではないでしょうか?

新たにといえば・・・
指輪には新品仕上げというものがあります。

例えば、挙式前にきれいにしておきたい方や、
例えば、結婚10周年の節目にきれいにしようと
新品仕上げに出される方がいらっしゃいます。

今回はその「新品仕上げ」について
ちょこっとお話ししたいと思います。

そもそもその「新品仕上げ」って何?という感じですよね笑(^_^;)

指輪を使っていると、どうしても小キズがついてきてしまいます。
その際、新品仕上げに出して頂くと、
キズなく新品同様になってもどってきます。

と、実はここまでは、各メーカー仕上がり度合や呼び名は様々
(新品仕上げ、仕上げ直し、磨き直し・・など)ですが、
たいていのメーカーが行うことです。

しかし、コラニーの新品仕上げは、
新品仕上げ=キズを取る ではないのです!!

もちろん、キズを取って、磨き直してはいます。
が、それだけでないのです。

職人が、1つ1つ、経年劣化の状態を見て、
減っているところがあれば素材を足し直し、
深いキズにも地金を足し、
ダイヤモンドを留めているツメのチェックをし、
新品の時と同じように形を戻す作業をします。


その時も基準は50年着けていられるかどうかです。
(基準についてはこちらから→【コラニーが守り続けていること】
基準に達しない場合は、新しいものと交換対応をさせて頂いています。


新しい指輪を作るのは職人ですが、
メンテナンスを行っているのも、
別の人に任せるのではなく、
作った職人達がその作業を行います。


職人は、指輪が日常で使われた状態を見ることで、
指輪がどのような変化をしていくのか
チェックしていきます。
そして、そこで蓄積された情報が
新しい商品が開発されるときに
更に良くなるようと、
活かされていきます。


すべては、
「結婚してから50年後の金婚式を、指輪を着けて迎えて欲しい」
その想い一心です。

結婚してから50年後の金婚式に、指輪を着けて、
その幸せな姿を子供たちが見て、また幸せを感じる。
おふたりの想いや幸せが、
指輪を通して受け継がれていって欲しいというのが
コラニーの想いです。


職人の真心にコラニーの想いをのせた
指輪が見られるはお近くの取扱店にて!
こちらから↓
【 COLANY 全国取扱店舗 】
ネット予約はこちらから↓
【来店予約】

一生一緒に寄り添っていく指輪ですので、
今のことはもちろんですが、少し先のおふたりの未来を考えながら、
是非、指輪選びをしてみてくださいね~


CO-craftsmanship-main-G.jpg

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。