wish list

ウィッシュリストの使い方

(1)気に入ったリングの商品詳細ページをご覧ください。

(2)詳細ページ内、仕様の下にある「WishListに追加」ボタンをクリックします。

(3)追加されたリングはこちらの下に表示されます。

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2019年06月12日

婚約指輪から伝わること。

6月と言えばジューンブライド!
6月の第1週の日曜日は、
〝プロポーズの日〟という日だったのですが、
ご存知でしたか?

コラニー本店では、ちょうどこの日、
先日プロポーズを無事成功されたお客様の、
仕上がった婚約指輪のお渡しでした。
とてもきれいに輝くダイヤモンドでしたが、
その輝き以上におふたりの笑顔が輝いていて、
私達も幸せな気持ちになりました。


私事ではありますが、婚約指輪に関して感じていることがあります。
普段は、店頭でこれから婚約指輪を贈ろうとしている方々にお会いし、
また、家では私の兄や姉も数年前に結婚をしたり、
友人も結婚する人が段々と増えてきているので、
身近に婚約指輪を持っている人がいます。

販売員という、お店での立場。
身内という、家族としての立場。
身近な存在という、友人としての立場。

婚約指輪を贈った人、贈られた人、それぞれの姿を
様々な立場から「婚約指輪」という存在を目にしているわけなのですが、
そこで感じること・・・それは、

婚約指輪は、
結婚するおふたりだけが幸せを感じるもの、

ではない!

ということです。

婚約指輪は、男性の気持ちがカタチになったものなので、
贈られた女性はとても嬉しいと思いますし、
その姿を見て、贈った側の男性も嬉しいと思います。

もちろんふたりが一番に幸せを感じることができると思いますが、
実は、おふたりのまわりに入る人達も、
とても幸せを感じることができるものなのです!


第三者であっても、おふたりの幸せそうな姿を見て、
「なんか素敵だな~」と、幸せを感じると思います。
私も日頃、販売員の立場から、
いつもお客様の姿を見ると、本当に、お互いが喜び合い、
そして幸せを感じていることが伝わってくるので、
そのお姿を見て、自分のことのように幸せを感じることができます。


家族や友人の立場であっても、同じようにその姿をみて
幸せに感じることは同じですが、もうひとつ。
それは、特に相手の彼に対して、
「ちゃんとに大切にしてくれている」と思え、
安心するということ。

家族や友人は、自分にとってとても大切な存在です。
身近な存在になればなるほど、心から幸せになって欲しいと願います。
なので、婚約指輪を通じて、
「大切にしている」という彼の想いが伝わってきます。
特にご両親からすると、とても安心すると思います。

実際に私もその立場を経験し、
お客様の時とはまた違う、喜びや安心感というものを感じました。
家族や友人としての気持ちを知ったからこそ、
婚約指輪を贈られるお客様がご来店されると、
その先のご家族のことも想像し、背筋が伸びる思いで、
お手伝いをさせて頂いています。


婚約指輪は、自分でも幸せを実感することのできるものでもありますし、
他の人から見ても、その姿や、存在で、
結婚すること、相手を想う気持ちが伝わるものでもあります。

だからこそ、贈る方には、
これ「で」いいやではなく、
これ「が」いいという気持ちで選んで頂きたいです。

贈られる方にも、
とても大きな覚悟と想いが詰まったものなので、
眺めたり、しまっておくのではなく、
大切に着けて頂きたいと思っています。
婚約指輪を指に着けることで、自分自身も周りの人も、
ハッピーになるからです。
そして、何より、贈った彼が、一番喜ぶと思います。(*^_^*)


今、胸を痛めるニュースがとても多いですが、
婚約指輪から、ご結婚されるおふたり、
そのおふたりから繋がるご家族やご友人の方々、
更に、幸せなおたりを見て第三者の人にまでも幸せが広がり、
少しでも、明るい世の中になることを願います。

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。