wish list

ウィッシュリストの使い方

(1)気に入ったリングの商品詳細ページをご覧ください。

(2)詳細ページ内、仕様の下にある「WishListに追加」ボタンをクリックします。

(3)追加されたリングはこちらの下に表示されます。

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2019年12月21日

小さいけれど、大きな存在。

先日、地元のフリー雑誌のメデッタに
特集ページが掲載されました。

メデッタ12.jpg


その内容と言うのが、
実際にコラニーで指輪をご購入されたお客様の
インタビューの特集記事。

私もインタビューに立ち合わせて頂きましたが、
コラニーに来店したきっかけや、
馴初めやプロポーズのお話し、
実際に指輪選びや、
コラニーの指輪を着けてみての感想など、
近くでおふたりの色々なお話を聞かせて頂き、
聞いているだけでも幸せな気持ちになりました♡

その中で印象的だったお話しがありました。

それは「指輪の存在」について。

婚約指輪や、最近では結婚指輪を作らず、
家具や旅行など、別のモノに
おふたりのカタチを残す方も増えてきている中、
なぜ、おふたりが指輪にしたのか、
また、実際に着けてみてどうだったか?
という質問がありました。

その質問に対しての旦那様の返答は、
婚約指輪に関しては、
「ごく自然に渡したいという気持ちがあった。」

結婚指輪に関しては、
「指輪を自分が着けた時、結婚を強く実感できた。
男性は名前も変わらないので、
女性に比べると結婚の実感が少ないのかもしれないけれど、
それを実感させてくれる特別なもの。
ふたりで出かける時、
妻が着けてくれているのを見ると、とても嬉しい。
指輪を作って良かった。
家具は、思い入れがあっても持ち運べないので...(笑)」

というお話しをしてくださいました。
確かに、こちらのお客様の指輪をお渡しさせて頂く際、
奥様以上に、旦那様の方が、
指輪を着けて「実感が湧く~」「嬉しい~」と
何度もおっしゃっていたことを思い出しました。


一方、奥様の返答は、
「仕事柄、仕事中は着けられないけれど、
休日や出かける時に指輪を着けるのが楽しみ。
離れていても夫婦であることを意識させてくれる。
歩いている時にさりげなく視界に入ると気分がアガル」

というお話しをしてくださいました。

自分でも見ることができるものなので、
見た時に気持ちがアガルって、分かる気がします♪
それが、大切な人から、
想いを込めて贈られたものであれば尚更♡

お渡し後、ご購入された指輪が、
どのような存在になっているのかというのは、
なかなか聞く機会がないので、
率直なお話しを聞くことができ、
読者の方の参考にもなると思うと同時に、
なるほど~と私達にとっても、新鮮かつ、
貴重なお話しでした。
また、コラニーの指輪がおふたりの生活の一部に
なっているのだと知り、とても嬉しくなりました♪


そして、今回お話を聞いていて、
一番に感じたことは、
おふたりとも、結婚を、幸せを
「指輪を通して実感」されているということ。

「指輪を着ける」ということが、
夫婦になったことや、結婚の証、
そして、お互いが繋がっていることを
感じ合える特別なものなのだと改めて感じました。


そういった視点で見ると、
指輪って、カタチとしては小さいものですが、
幸せがカタチになったものと考えると、
とても大きな存在ですね~

だからこそ、コラニーでは、
その特別で大切な存在を、
年齢を重ねてもずっと着けて頂き、
変わらず指輪を通して幸せを感じて頂けるように、
高い品質を維持して作り続けていかなくては!
と改めて考えさせられました。

皆様にとって、指輪はどんな存在ですか?
おふたりで着けるものですので、
是非、おふたりで一緒に考えてみてくださいね〜

また、もし今指輪探し迷走中な方は、
一度、デザイン選びはお休みして、
おふたりにとって指輪の存在を考えてみてください。
そこからその想いに合った指輪はどんなものかを
探してみてはいかがでしょうか?

休憩も兼ねてこちらも合わせてどうぞ〜↓
【50年後も ふたりは幸せですか?】

おふたりにとって、指輪はどんな存在ですか?

COLANYの指輪はお近くのお店にて↓
【COLANY 全国取扱店舗】

来店予約はこちらから↓
【来店予約】

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。