wish list

ウィッシュリストの使い方

(1)気に入ったリングの商品詳細ページをご覧ください。

(2)詳細ページ内、仕様の下にある「WishListに追加」ボタンをクリックします。

(3)追加されたリングはこちらの下に表示されます。

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2020年03月11日

これから先も着け続けられる指輪選び

先日、コラニーのあるスタッフが、
20年前に着けていたという指輪を見せてくれました。

グレードの良い、きれいなダイヤモンドが並んだ、
一文字の指輪でした。
20代の頃、自分のご褒美に頑張って購入した指輪だったそうです。
でも今はその指輪は、あることをきっかけに
タンスの肥やしになってしまったそうです。

そのあることとは...

「サイズ直し」です。

当時、別の指に着けようとサイズを小さくしたそうです。
指定した通りのサイズに戻ってきたのはいいのですが、
問題は、指輪の状態。

サイズ直しをした手のひら側の部分が、
元よりも細く、薄くなって返ってきたそうです。

薄くなった分だけ、
着け心地も変わってしまい、
一番は、変形がしやすくなってしまい、
以来、着けられなくなってしまったとのことでした。

サイズ直しのために、磨いているうちに
指輪自体が薄くなってしまったのが原因です。


頑張って買ったものでもあり、何より、
想い入れがあった指輪だったので、
着けられなくなってしまい、とても悲しかったそうです。


指輪を購入する時って、使ってからどんなことが起こるかは、
なかなか想像できませんよね〜

仮に、デザインがとてもよかったとしても、
その後に着けられなくなってしまっては、
意味がありませんし、
仮に、安く買えたとしても、
直す度に金額がかかったり、
着けられなくなってしまうと、
元の指輪よりも、高い指輪になってしまいます。


つまり、大事なのは、
その指輪が先を見て作られているか、
ということです。

先というのは、これから起こりうることを想定し、
考慮したうえで指輪が作られているかということです。


コラニーでは、
年齢を重ねても、ずっと着けて頂きたいという想いの基、
50年という年月を基準に指輪を作成しています。

50年間、毎日着ける為には・・・
使う素材、地金の厚み・幅、着け心地、サイズ感、
そして、
50年間使う中で、一番考えられる「サイズ直し」、
つまり、後から手を加えても耐えられる作り、
ということを考慮し、指輪が作られています。

それでも、何度も後から手を加えてしまうと、
やはり強度は下がってしまうので、
コラニーでは、その際は新品交換(無料)させて頂いています。

全ては、幸せの象徴であり、おふたりの原点でもある
大切な指輪をずっと着けて頂きたいから。
そして、幸せそうなお二人を見て、
周りの人、特に子供達に幸せを感じて欲しいから。


今指輪をお探しの方、お探し中の方、
デザイン選びではなく、
是非、「これから先も着けられる指輪選び」を
してみてくださいね〜


コラニーの指輪はお近くのお店にて↓
【COLANY 全国取扱店舗】

ご予約はこちらから↓
【来店予約】

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。