wish list

ウィッシュリストの使い方

(1)気に入ったリングの商品詳細ページをご覧ください。

(2)詳細ページ内、仕様の下にある「WishListに追加」ボタンをクリックします。

(3)追加されたリングはこちらの下に表示されます。

BLOG

コラニーブログ

COLANY BLOG

大切なリング選びをするお二人から、いつも幸せのお裾分けを頂いています。そんなお客様とつながる日常や、ぜひ、お伝えしたい最新ニュースをお届けします。

  • BLOG |
  • 2020年04月27日

こんな時だからこそ。

コロナウイルスが出始めてから早数ヶ月が経ちますが、
全国各地、全世界で影響が広がり、
不安と緊張状態が続いています。

様々な影響がある中、一番に思うのが、
心の影響が大きいということ。

どうしてもマイナスな状況になると、
何事もマイナスな思考になりやすく、
気持ちも自然と下がり、笑顔もなくなってしまいます。

制限されることも多く、今の心配もあると同時に、
これから先のことの不安もあり、ストレスが溜まっている方も
多いのではないでしょうか?

家にいて家族と過ごす時間が増えたと思います。
ストレスが溜まっていると、大切な家族でさえ、
小さなことが気になったり、ぶつかることもあると思います。

そんな時は、視点を変えてみることが大事!

こういった状況になって、
日頃後回しにしていたことに取り掛かれる時間ができたとか、
健康志向になった、無駄使いが減った、
仕事や勉強ができることの有り難さが分かったとか、
大切な人が側にいることの素晴らしさを感じた、

などなど、他にも視点を変えるだけで、
こういった状況になったからこそ、
小さなことから大きなことまで、
改めて、気づくことができたり、
小さな変化があると思います。


その一つとして、
「おうちにいるからこそ、おうちで指輪を着ける」
ことをご提案します。

日頃、職種によっては仕事中着けられないという方、
お休みの日中心に着けている方、
外に出るときだけ着けている方、
これから結婚を控えていて、少し早めに指輪を購入された方、
婚約指輪は、特別な時だけ用にと思っている方、
婚約指輪をもらったけど、ずっと引き出しの奥にしまっている方、
ずっと家にいすぎて、おしゃれを忘れかけている方・・・

これだけでも当てはなる方はいらっしゃると思います。

おふたりが、または、家族が揃っているこんな時だからこそ、
おうちで着けてみませんか?

もちろん、普段からずっと指輪を着けている方もいらっしゃると思います。
その方も、いつも着けている指輪を少し綺麗にして着けてみませんか?

もしくは、あるけど、サイズが合わなくて...
という方も、是非、眺めてみるだけでもOKです!

例えば、
今夜の晩御飯の時には、
結婚指輪と婚約指輪を重ね着けして食事をしてみたり。

例えば、
コロナ太りが気になって、おうちの周りをお散歩の時には、
指輪を着けてお散歩に出てみたり。

例えば、
新婚当初に観たあの思い出の映画を今日は上映会。
その時に、ふたりで一緒に着けて、新婚当初の気持ちを
思い出しながら映画を観たり・・・

例えば、
「見て見て、これお父さんに貰ったんだよ〜」
と子供に見せてみたり・・・

などなど、他にもたくさんできると思います。
指輪は、自分でみることができるジュエリーなので、
気持ちをあげてくれたり、
見るたび、大切な思い出や気持ちを
思い出させてくれると思います。

そうなると、自然と笑顔になれるのではないでしょうか?


大人が、
暗い顔や怖い顔ではなく、
こんな時だからこそ
笑顔でいたら、

大人の、
誰かに当たったり、誰かを責める姿ではなく、
こんな時だからこそ、
誰かのことを思いやったり、
誰かに優しくしてあげている姿を見せられたら、

大人が、
本当は大切な存在なのに傷つけあう姿ではなく、
こんな時だからこそ、
大切な存在を大切にしあう姿を見せられたら・・・

きっと、こんな時でも、
子供たちは安心して、笑顔でいることができ、
大人に憧れ、少しでも希望ある未来を描けるのではないでしょうか?


こんな時だからこそ、
指輪を通して、少しでも笑顔になったり幸せを感じることができ、
その人から更に近くの人や子供達にその笑顔や幸せが広がりますことを
願っています。


子供達に、子供らに、子らに。

大切な人と一緒に過ごせる時間を当たり前に思わず、大切にしながら、
気持ちだけは負けずに、今を乗り越えていきましょう〜!


次回からは、「おうちで指輪を着けよう」を場面ごとに
ご紹介、ご提案できたらと思っています。
お楽しみに〜♪


IMG_2496.JPG

AUTHER

Megumi Shimura

コラニー本店店長
お客様の人生の宝物となるリング選び。喜んで頂けるように心をこめてお手伝いさせて頂きます。