wish list

COLUMN

第8回|男心に迫る 「カッコイイ結婚指輪」

笑顔のために、私にできること

これまでは、直接お話できた方にしかお伝えしてこなかったデザインに関すること。 どうしてこのデザインが生まれたのか?どんな方にお勧めのデザインなのか? デザインに込めた想いなどデザイナーHisakoがお伝えします。

  • COLUMN |
  • 2016年02月23日

第8回|男心に迫る 「カッコイイ結婚指輪」

こんにちは。 

前回に引き続き、男性のデザイン選びについて。
今回のキーワードは、「カッコイイ」です。

男性がモノを選ぶ時、その中にあるインパクトある一点に惹かれ
「カッコイイ!」と心動かされます。

例えば、車で言うとヘッドライトの形であったり、
ボディーの中のシャープなライン。
車全体のフォルムだけでなく、
どこか強烈に心動かされる一点があってこそ
「カッコイイ」という表現になります。

なんとなくではなく、
『ここ!』という一点があってこそ
男心が動かされるのですね。


そんなこだわりの一点を、
小さな指輪の世界の中にいかに取り入れるか
いつも格闘しています。

実際に私がデザインを考える時には、
粘土を使い、実寸で彫刻に向き合うように
最高の格好良さを探っていきます。
平面では想像しきれない段差や
カーブを立体的に表現することで
紙の上では出合えなかった、絶妙な形が生まれてきます。


この工程を踏んで生まれた格好良さ。
お客様が実際に手にとって「ここがイイ」と気に入ってくださると
本当に嬉しくなります。


では、実際にコラニーの結婚指輪の中にみる「カッコイイ」の一部をご紹介します


ピュア コラム.jpg
ピュア 美しいバラの花を外敵から守るトゲを、シャープなラインで表現しました。


クレマチス コラム.jpg
〈 クレマチス 〉 男性のたくましい指に映える指輪の幅を追求しました。
         幅がありながらも、武骨にならないように。


くるみ コラム.jpg
くるみ 柔らかさと硬さの両面を指輪の中に共存させました。
     鏡面とサティーナ仕上げのコントラストが格好良さを強調しています。


女性とお揃いのデザインでは、なかなか求められない「カッコイイ」。

男心を動かされた格好良い指輪は、きっとずっと着けていたくなるはず。
そんなデザインをいつも追い求めています。


次回のキーワードは「優しい」です。
男性の指輪に注ぎこまれた「優しい」デザインとは?
どうぞお楽しみに。

AUTHER

Hisako

コラニー 専属デザイナー
着けた瞬間、幸せを感じるデザインを追い求めています。

BACK NUMBER バックナンバー