wish list

COLUMN

新シリーズ ribbon@cocoro 誕生

笑顔のために、私にできること

これまでは、直接お話できた方にしかお伝えしてこなかったデザインに関すること。 どうしてこのデザインが生まれたのか?どんな方にお勧めのデザインなのか? デザインに込めた想いなどデザイナーHisakoがお伝えします。

  • COLUMN |
  • 2017年09月16日

新シリーズ ribbon@cocoro 誕生

こんにちは。
朝晩は、ひんやりと秋の気配を感じ始めた9月。
秋から冬へのご結婚式に向けて、忙しく準備が始まっている頃ではないしょうか。

今日から、先日発表した新作について、
何回かに分けてお話しさせて頂こうと思います。

第一回は、リボンをモチーフにした新作が誕生したのはなぜ?から
お話ししていこうと思います。

CLY401E.jpg

女性の皆さんが、このシリーズを指に通した瞬間、
まるで世界が変わって見えるような、
一瞬にして周りが明るくなるような、
着ける度に、こころのときめき(動き)を感じて欲しいと
誕生した「ribbon@cocoro」


女性がときめくものって何だろう。
可愛らしいものを身に着けると、気持ちが上がったり。
彼とペアのものを身に着けると、ドキドキしたり。

一番はなんだろうと考え出てきたものが
今回のモチーフになっている "リボン"だったのです。

リボンと聞いて、
なぜ?どうして?
それも結婚指輪に?
???マークばかり出てきますよね。

指輪には
可愛すぎるのでは?
ちょっと抵抗がある。
お友達に何て言われるかな。

リボンに対する先入観から、
心配事の方が頭に浮かんでしまった方がいるかもしれません。

ですが、ちょっとだけご自分の小さい頃を振り返ってみて下さい。
リボンが付いた髪留めやカチューシャ、
お洋服にリボンが付いていた、
なんてことはありませんでしたか?

リボンは、知らず知らずのうちに
女の子らしさの象徴として、
身近にあったと思います。

大人になるにつれ
リボンの大きさや可愛らしさは控えめになったものの
シューズケースやクローゼットを開くと、
パンプスのつま先や
バッグに小さなリボンが付いているものを
持っていることに気づきます。


このシリーズで、
「リボンにフォーカスしよう」と思ったきっかけは、
周りの女性の洋服や持っているものを見たり、
リボンについて話を聞いたり、
リボンについて考えるたび、
ただ可愛いだけではなく、
リボンには、女性に喜びを与える、
何か物凄いパワーがあると感じたからなのです。
それも無意識のうちに身につけている方が多く、
女性の潜在意識の中にあるリボンの存在にも気付いたからなのです。

後ろ姿-(1)改.jpg

リボンは、
「女性を可愛く見せる」
「気持ちを上げてくれる」
「幸せな気持ちにしてくれる」
「女性をより女性らしくしてくれる」
とってもとっても特別な存在
知らず知らずのうちに、小さい頃から自然と取り入れて来たもの。
それがリボン。

こう考えてみると、この世にリボンが無くなってしまったら、
どんなに寂しく、味気ないか。

それくらい、無意識に身に付けているもの。
気付かず身につけているけれど、とってもとっても特別な存在。

リボンが好きだと気付いていない女心にも溶け込み、調和して身近にあるもの。

リボンの存在って計り知れないなぁとドキドキしました。


いつも自然に身に着けているリボンのように
大切な指輪にもリボンを添えて、
皆さんに笑顔になっていただけたら。
指輪にもリボンを添えて、
大切な人との時間を過ごしていただけたら。
リボンを見た時に、笑顔になっていただけたら。

こうして生まれたribbon@cocoroシリーズ。

『こころに、リボンを添えて』
心向くまま私らしいリボンを探してみて下さい。


次回は、シリーズ第一弾のBon Bon 「ボンボン」についてご紹介します。

AUTHER

Hisako

コラニー 専属デザイナー
着けた瞬間、幸せを感じるデザインを追い求めています。

BACK NUMBER バックナンバー