wish list

JEWELRY GLOSSARY

ダイヤモンドの鑑定書について

クラリティ(Clarity)

クラリティは、ダイヤモンドの評価基準である4Cの一つです。
ダイヤモンドの透明度を指します。
天然のダイヤモンドは結晶になる際にできるキズや内包物(インクルージョン)などの様々な特徴を持っています。これらの特徴は天然のダイヤモンドの証ではありますが、ダイヤモンドの輝きに悪影響を及ぼすため、透明度が高いほど希少価値が高くなります。

クラリティは、複数の鑑定士により、傷やインクルージョン(内包物)の大きさ・位置・数によって判定されます。
最高は「FL(Flawless)」、以下「IF(Internally Flawless)」、「VVS(Very Very Slightly)1」「VVS(Very Very Slightly)2」「VS(Very Slightly)1」「VS(Very Slightly)2」「SI(Slightly Included)1」「SI(Slightly Included)2」「I(Imperfection)1」「I(Imperfection)2」「I(Imperfection)3」まで、全11段階で評価されます。

・FL:10倍に拡大しても内部・外部ともに内包物が見つけられない
・IF:外部には微細なキズが見られるが内部には10倍に拡大しても内包物を見つけられな

・VVS:10倍の拡大では、内包物の発見が非常に困難
・VS:10倍の拡大では、内包物の発見が困難
・SI:10倍の拡大では内包物の発見が比較的容易だが、肉眼では困難
・I:内包物が肉眼で容易に発見できる

婚約指輪にふさわしいダイヤモンドとしては、「VS」以上をお勧めしています。