wish list

JEWELRY GLOSSARY

ダイヤモンドの鑑定書について

カラー (Color)

カラーは、ダイヤモンドの評価基準である4Cの一つです。
ダイヤモンドの色味の基準を指します。
ダイヤモンドは無色に近いほど価値があります。グレードはアルファベットのD(ダイヤモンドのD)を最高として、23段階に別れています。
そのうち、D・E・Fは「無色Colorless」、G・H・I・Jは「ほぼ無色Near Colorless」、K・L・Mは「僅かな色味 Faint Yellow」N以降は「非常に薄い黄色、または薄い黄色Very Light Yellow」となります。
ダイヤモンドは炭素だけの結晶で出来ています。ところが、地球は窒素で覆われているので、ダイヤモンドが結晶化する過程で窒素を取り込んでしまい、窒素を多く含むほど黄色味を帯びてきます。黄色味を帯びたダイヤモンドの方が圧倒的に多く採れるので、無色に近いほど希少価値が高くなります。
カラーは、天然のダイヤモンドである証ではありますが、婚約指輪のダイヤモンドには、無色で最も希少価値の高いD・E・Fカラーをお勧めします。

ところで、なぜ最高評価が「A」でなく「D」なのか・・・、と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか。
それには諸説ありますが、
①この先、Dカラー以上のダイヤモンドが発見されると推測されるからという説
②ダイヤモンド(Diamond)の頭文字をとって「D」とする説
が、よく知られています。