wish list

JEWELRY GLOSSARY

ダイヤモンドの鑑定書について

カット(Cut)

カットは、ダイヤモンドの評価基準である4Cの一つです。
ダイヤモンド原石が人間の技術に委ねられる唯一の領域で、カットの良し悪しがダイヤモンドの輝きに大きな影響を与えます。
美しい輝きは正確なカット技術から生まれます。
ダイヤモンドは屈折率が非常に高く、カットの良いダイヤモンドは、外から入ってきた光を内部で反射しほぼ100%反射させることができます。

ダイヤモンドの形状は様々な形状がありますが、婚約指輪として最もふさわしいのが、ラウンドブリリアントカットです。
様々なカットの中で、最も強い輝きを得ることが出来ると言われています。

ラウンドブリリアントカットの評価基準は、理想的プロポーションに最も近いものから
・EXCELLENT(エクセレント)
・VERY-GOOD(ベリーグッド)
・GOOD(グッド)
・FAIR(フェアー)
・POOR(プワー) となっています。

プロポーション(カットの総合評価)、ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)、シンメトリー(対称性)の3つによって評価され、最高の「Excellent」からグレードの順位が決定します。
プロポーション(カットの総合評価)及び、ポリッシュ(表面の研磨仕上げ状態)とシンメトリー(対称性)の全てが「Excellent」の評価を得たもの が「3EX(トリプル エクセレント)」と呼ばれ、希少価値が高く評価も高くなります。