wish list

JEWELRY GLOSSARY

ダイヤモンドの鑑定書について

4C

4Cとは、世界的に共通するダイヤモンドの評価基準です。
研磨済みダイヤモンドのカラットCarat(石の重量)、カラー Color(石に帯びる黄色味の濃度)、クラリティ Clarity(石の透明度)、カット Cut(石の輝きの良否を決定する研磨状態)の等級付けを意味します。
それぞれの頭文字をとって、この評価基準を4Cと総称します。
この4Cの報告書はグレーディングレポート(等級報告書)と呼ばれます。
ダイヤモンドには国際的に認められている体系的な評価方法と基準が存在しますが、その他の宝石にはダイヤモンドのように国際的に認知されている評価方法や基準は存在しません。そのため日本においては、グレーディングとは天然ダイヤモンドだけを対象としており、グレーディングレポートがあること自体が天然ダイヤモンドの証となります。また鑑別と同じように、グレードの結果も最低2人以上のグレーダー(評価者)によって結果が出されています。