wish list

JEWELRY GLOSSARY

ダイヤモンドの鑑定書について

インクルージョン(内包物)

インクルージョン(内包物)とは、ダイヤモンドなどの結晶の中にある別の鉱物や液体気体などの総称です。
したがって、ダイヤモンドの内包物は天然の証であり、人間でいえば個性の様なものでもあります。
たとえ内包物があったとしても、輝きに影響を与えない程度のものであれば、ダイヤモンド本来の美しさは損なわれることはありません。 インクルージョンにも種類があり、カーボン(黒い点)、内包結晶(クラウドと言う白っぽい濁り)、割れ(ヒビの様に見えるもの)などがあります。これらが石の端の方にある場合はカットの反射によって見えにくいのに対し、石の中心部分にあると、とても目立ってしまいます。このように、ダイヤモンドの光を遮り、輝きに悪影響を及ぼすことから、クラリティ評価の際、インクルージョン(内包物)は評価基準に影響します。