wish list

JEWELRY GLOSSARY

マテリアル

プラチナ

プラチナ(Pt)は貴金属の中で最も希少と言われています。プラチナは白金とも呼ばれ、天然の白い色合いを持ち、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す地金として大変人気があります。
化学的に極めて安定していて酸化されにくいことや、融点が1.769℃ と高いことなどから宝飾品としてだけではなく、様々な工業製品の触媒として利用されています。
プラチナの産地は世界のごく一部(南アフリカ・ロシアなど限られた地域)に限られており、その産出量はゴールドの30分の1しかありません。
日本でジュエリーの地金として使用されるプラチナの純度は90%(Pt900)が最も多く、その純度の高さから永遠に変質・変色することなく天然の白い輝きを放ち続けます。
温泉、プールの塩素、汗などにも変質・変色の心配がありません。
また、アレルギーを起こしにくいといわれる貴金属です。
コラニーで使用しているプラチナは、純度95%(Pt950)のaura Platinum 950です。
一般のPt900より粘り気があり、1.5倍の強度を持つ特殊なプラチナです。